FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小説『重力ピエロ』

伊坂幸太郎さんの小説は初めて読みました。

実はコレ娘2号のお勧めなんです。
娘1号は本などにはさっぱり興味を示さないのですが、娘2号はとっても本好きなのです。
勿論マンガも読むし私ほど活字中毒でもないのですが、本の好みも似ていて普段から読んだ本の感想とか話し合っています。

それで、このお話なのですが・・・
DNAとか遺伝子とか私にはさっぱり訳のわからない世界なんだけど、とっても楽しく読めました。
テーマがとても重いにもかかわらず、読み終わった後にこんなすっきりした気持ちでいられる事こそ、この小説の(伊坂幸太郎氏の)特徴なのかなと思いました。

本当に深刻な事は陽気に伝えるべき

本書はそんな言葉か何度か何度か出てきます。

ピエロは泣き顔のメイクで表情を変えずに軽快に動き回る。
その動きで観客の笑いを引き出す。

ピエロは空中ブランコを飛ぶ時、重力のことを忘れる
あんなに楽しそうなんだから落ちるわけがない。

その言葉は根拠のない理屈なんだけど落ちないような気がした。

人生ってそうゆうものなのかもしれないなぁって思ったのです。
苦しいこと、悲しいこといろんな事があるけれど、楽しく笑って生きていれば案外うまくいくのかもしれない。
難しいことを考えるのは悪い事だとは思わないけど、何かをしようとする時悪い事はなるべく考えないようにしよう。
そんなことを考えました。

因みに娘2号はpierrotと言う単語が大好きで、以前から携帯電話のアドレスに使っています。
ちょっぴり道化したいのかもしれません。







関連記事

| | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://koarablog.blog117.fc2.com/tb.php/26-1b8b33f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT