PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画『バッテリー』

観ました
あさのあつこさん原作の同名の小説の映画化です。

私は原作の小説の大ファンで、児童書なんて枠に収めておくにはもったいない、もっと大人も読むべきだとずっと思っていました。
今回映画化されたことにより多くの人がこのお話を知ってくれたらなぁと思っています。

日常生活の中で、私達はいつも主観で物事を考え感じています。
相手の立場に立って、というのは本当に難しいものです。
このお話の登場人物もみんな同じです。
それぞれ思っていることは誰も間違ってないのに、何故か感情がぶつかり合ってしまうのです。
それは友人関係だっり、親子関係だったり、先輩後輩関係だっり。
それを「野球」がうまい具合に潤滑油になっている…そんなお話だと思います。


映画に関して言えば、巧も豪ちゃんも本当に素晴らしかったです。
プラーベートでも7年間の野球経験を持っているそうですが、野球のシーンも上手く表現されてたように思います。
豪ちゃんの笑顔は女房役にはぴったりでした。

ただ少し残念だったのは、映画にありがちなヒロインの設定ですね。
小町先生にしても存在の意味があまり感じらませんでした。
あと、個人的に菅原文太さんが最高にステキでした(笑)


ウチに男の子がいたら絶対に野球をやらせるのになぁ。。


関連記事

| 映画・DVD | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://koarablog.blog117.fc2.com/tb.php/14-799c8ea6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。