PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金色の ちひさき鳥の かたちして

雨があがったので近くのお寺までお散歩

PB220267.jpg

11月26日は毎年必ず訪れることに決めている。
雪が降ってすっごい寒い年もあったけど、今日は上着もいらないくらいぽかぽか。
それでも大きなイチョウの木は枝いっぱいに色づいていました

PB260393.jpg

イチョウの葉っぱがまっ黄色に染まると秋も終わりだなぁと思います。
そして小さな笑顔が消えてしまったあの日のことを思い出します。

PB260367.jpg

お供えは、大好きだった肉まんと雪印のコーヒー牛乳。
1歳児に食べさせるものじゃないけど、彼女は特別だったからね(^_^;)

PB220279.jpg

当時は今みたいに情報も多くなかったし、お金もなかったから
じゅうぶんなことをしてあげられなかったな。。。
今だったら医療も進歩してるし、もっと別の選択肢があったのかもしれない。
そんな考えても仕方のないことをついつい考えてしまう。

PB260436.jpg

いつの間にか27年。
ずっと昔のことのような気もするけど、昨日のことのようにも思える。
今でも彼女のアルバムを開くと視界がぼやけて全部見ることができない私。
いつになったら大丈夫になるんだろう・・・

PB260400a.jpg

それでも笑えない日はないし、やっぱりしあわせなんだと思います。

彼女が元気だったら。。。
だったらなんて絶対ないけど、文字通り我が家は姦しくなっていただろうね。
そして父の存在感はさらに薄くなっていたと思われます。笑





関連記事

| 日常 | 17:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014/11/26 22:50 | |

コアラさん、つらい思いされたんですね
自分のことじゃなくても
彼女のことを読むと1歳のあなたに
頑張ったねと。。。はなまるを

コアラさんのブログを見て
宝福寺に行ってきたの
とても紅葉がきれいだった
両親に喜んでもらえてよかった
ちょっと父親は疲れさせちゃったけどね


| きり | 2014/11/26 23:00 | URL |

鍵コメさんへ

過ぎてしまえばあっという間だった気もするけど
渦中にいたときは、いつまで続くの・・?
っていうのが一番しんどかった気がします。
上の娘にはずっと我慢させっぱなしだったしね。
生きていればホントいろんなことがありますね。。。
それは鍵コメさんも同じ。
よく神様は乗り越えられない苦労は与えない、と言われるけど
なかなか手厳しいよね。笑
亡くなった娘は私にいろんなことを教えてくれたとは思うけど
まだまだ私も小さな人間です。

優しいコメント、本当にありがとう。・゚・(*ノД`*)・゚・。

| こあら | 2014/11/30 21:10 | URL | ≫ EDIT

きりさんへ

1歳8カ月はどう考えても短すぎる人生ですよね。
しかもそのほとんどを病院のベッドの上で過ごさなきゃいけませんでした。
そんな道しか与えてあげられなかったことで
どれだけ自分を責めたかわかりません。
人生本当にいろんなことがありますね(>_<)

こんな記事なのにコメントありがとうございました♪

| こあら | 2014/11/30 21:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://koarablog.blog117.fc2.com/tb.php/1088-8f7923ac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。