FC2ブログ

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

金色の ちひさき鳥の かたちして

雨があがったので近くのお寺までお散歩

PB220267.jpg

11月26日は毎年必ず訪れることに決めている。
雪が降ってすっごい寒い年もあったけど、今日は上着もいらないくらいぽかぽか。
それでも大きなイチョウの木は枝いっぱいに色づいていました

PB260393.jpg

イチョウの葉っぱがまっ黄色に染まると秋も終わりだなぁと思います。
そして小さな笑顔が消えてしまったあの日のことを思い出します。

PB260367.jpg

お供えは、大好きだった肉まんと雪印のコーヒー牛乳。
1歳児に食べさせるものじゃないけど、彼女は特別だったからね(^_^;)

PB220279.jpg

当時は今みたいに情報も多くなかったし、お金もなかったから
じゅうぶんなことをしてあげられなかったな。。。
今だったら医療も進歩してるし、もっと別の選択肢があったのかもしれない。
そんな考えても仕方のないことをついつい考えてしまう。

PB260436.jpg

いつの間にか27年。
ずっと昔のことのような気もするけど、昨日のことのようにも思える。
今でも彼女のアルバムを開くと視界がぼやけて全部見ることができない私。
いつになったら大丈夫になるんだろう・・・

PB260400a.jpg

それでも笑えない日はないし、やっぱりしあわせなんだと思います。

彼女が元気だったら。。。
だったらなんて絶対ないけど、文字通り我が家は姦しくなっていただろうね。
そして父の存在感はさらに薄くなっていたと思われます。笑





スポンサーサイト



| 日常 | 17:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |