FC2ブログ

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真実はいつもひとつ!名探偵を目指して~前編~

その昔ありまり県は、備前、美作、備中の三つに分かれておりまして。
(因みに、ありまりは備中の国に在住)
県内でも北東部に位置する美作(みまさか)。
今年は建国1300年の節目を迎えるということで、県がいくつかの記念事業を行っております。

その中のひとつ、美作国theミステリー
作家のあさのあつこさん書き下ろしの初のミステリー推理小説『美作は謎に満ちて』を読んで
小説の舞台となっている場所を訪れ、謎を解き明かし犯人を探し出すというイベントです。

あさのあつこさんは大好きな小説家の一人でもあるし、ミステリーも好物の母。
これは参加するしかないっしょー!と早々にコンビニで無料配布されていた小説本をゲット。



100ページにも満たない短編なので、あっという間に読み終えることができていたのですが
実際に美作を訪ねることがなかなかできなくて・・・やっと行ってまいりました!

先ずは、JR姫新線の「美作土居駅」。

PB040344.jpg

えーっと。。。。
のどかな風景は見慣れてるはずなのですが、相当のんびりした風景にちょっとびっくり(^_^;)

JR美作土居

でも、かつては出雲街道の宿場町として栄えていたんだろうなぁ。。。

PB040352.jpg

なんてことを案内図を見ながら思ったり。

で、肝心の犯人特定に繋がるヒントはなんだろう・・・
キーワードは、“駅の前の坂を上がれ。そのままを見ろ。宿は必要ない。”
そのままを見ろ?そのまま・・そのまま・・?とブツブツ言いながら
駅構内をウロウロしていたときに発見しましたよ!

PB040348.jpg

改札口からまっすぐ前を見た山側に、ちょっとシュールないでたちの案山子!
絶対あれだ!と喜ぶ母に、父は「そんなわけない」と一蹴(ま、実際そんなわけないですよね?あさのさん)

そんなこんなで、有力な手がかりを掴めたのかどうか疑問ではありましたが
次のヒントが隠された場所へと移動。

と、その前に

橋野食堂

お腹が空いてては頭も働きませんからねー
せっかく美作地方を訪れたのだからと、B級グルメで御馴染みのホルモンうどんをいただきました(´∀`)
小さな小さなお店でしたが、人気店だということで店頭には絶えず待ってる人がいました。

つづく~

スポンサーサイト



| おでかけ | 18:56 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |