FC2ブログ

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

いざ動物病院へ

今年一番(たぶん)の大イベントが終わって、何となくぼんやりしてしまっていた母。
そーだ!今年はフィラリアのお薬をまだもらってなかったっ
と思い出し、慌てて行ってまいりました

P1090837_20100511143356.jpg

病院へ着くと、たくさんのワンちゃんたちがいて(今は混む季節ですからね)
それだけでテンションは下がり気味(-"-;A

P1090848.jpg

最近は犬見知りだけでなく、人見知りも見られるんだけど獣医さんには愛想よく
大人しくしておりました(´▽`)

一時期、マメダヌキ疑惑だった体重は1.35キロ。
アレ以来増えてなくてよかった~
フィラリアのお薬は、今まで7ヶ月分をまとめてもらっていたのですが
昨年は後半食べさせるのにとっても苦労したので、1ヶ月分づつもらうことに。
お肉のタイプのモノをもらっているんだけど、だんだん固くなるのか飽きるのか

あとは健康診断と混合ワクチン
いつも思うんだけど、フィラリアのお薬は体重によって量が違うのに
予防接種になると何で大型犬も小型犬も同じ量なんだろうって;;;;(;・・)ゞ
で、勇気を出して聞いてみたら。

予防接種はあくまでも体の中の「免疫」の部分に点火する「トリガー」のような
役目であるから、体の大小には関係ない。

というお答え。

うーん。。。
わかるようなわからないような…(´・_・`)←頭悪くてスミマセン;;
結局副作用の不安は拭いきれないまま。。。

しばらくシャンプーは控えて安静に。
吐いたり食欲がなくなったりすることもあるかもしれません。
去年何ともなくても、今年新たにアレルギー反応が出ることも大いに在り得ます。
と、若干脅されつつ帰宅

P1090860.jpg

がっつり食べましたヾ(;´▽`A``

それでも、予防注射の副作用で具合の悪くなった犬の話は珍しくなく
法律で決められているからとか、獣医さんのススメだからとかで
安易に打っても本当に大丈夫なのかしら・・なんていつまでもぐずぐず思ったりも

狂犬病の予防注射にしても、世の中(獣医さんも含め)じゃ
日本では半世紀以上も狂犬病で死んだ犬はいないのだから廃止すべき。
という考えと
狂犬病は人のための予防注射であり飼い主の義務。犬にとっては宿命。
と厳しく反する考えも。
知れば知るほどわからなくなります。

健康診断では、優秀と太鼓判を押してもらったありす。
少し心配だった歯も今のところ問題ないとのこと。
ずっと健康であることが一番の願いです。

IMG_9974.jpg

昨日今日とお天気が悪くてお散歩に出られず、家の中でまったり過ごしています。
毛布の中が気持ちよさそう(*´∇`*)


【追伸】
ここ数ヶ月、「タブの復元」とやらに邪魔され続けていた記事作成画面ですが
ファイヤー・フォックスを使ったら、一度もご機嫌を損ねることなくバッチリ書けました
ako2nさんありがとう~




スポンサーサイト



| 病院・病気 | 16:06 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |