FC2ブログ

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

フィラリアのお薬をもらってきました!

2月の終わりに、ありすのうんPのことを書いたのですが、実は今もたまにクレヨンみたいなうんPが出ています。
ずっと続けておクスリも飲んでいるのですが、はっきりとした効果は出ていないみたいなのです
精研もしたのですが特に異常もなく、便の色以外はすこぶる健康なのでした。
ホントどうしたっていうんでしょう。。。
ということで、フィラリアのお薬は別の病院にもらいに行ってみました。
でも、やはり同じようなことを言われたんですね。
何がなんでも病気にしたいわけじゃないけど、このままでもなんとなく納得ができなくて困ったなぁと思っている私です…(*゚~゚*)

そこで順番を待っていたとき、ちょっとだけ悲しいことがありました。

ありすと一緒にいると
「何ヶ月ですか?」とか
「何て種類の犬ですか?」ということをよく聞かれます。

でも、たまには
「いくらしたのですか?」って質問もあります。

具体的にお金の話をするのはあまり好きじゃないので、この手の質問はいつも言葉を濁しているのですが、その時居合わせた人はかなりしつこかったんです
“早く呼んでくれないかなぁ・・”と思いながら、ずっと苦笑いでかわしてしたのですが、

「犬なんて雑種で十分なんだ。
 高い犬ほどバカで、買う人間はもっとバカだ」

なんてことを言われてしまいました
こうゆうことって価値観の違いでしょうから、きっとこの人とは分かり合えないのだと思いますが、かなりショックでしたね・・(>_<;)

最近は本当にペットを飼っている人が多く、同時にマナーの悪い飼い主も多くいることも事実です。
もしかしたら、気づいていないだけで私も誰かに嫌な思いをさせてしまっているかもしれません。
ペットショップで購入した命を、家族だということに抵抗を感じる人もいると思います。
ありすも決して賢い子ではないですしね(^ー^;)

ただ、血統書があろうとなかろうとワンとしての命は同じ重さだし、かけがえのない一つじゃないかなと思うのです。
私達はたまたまヨークーシャー・テリアのありすと出会い、家族として愛おしいと感じているだけなのです。
もしも他の犬と出会っていたならば、また別の愛しさがあったと思います。

同じ犬を愛する者として、なんだかすごく悲しく感じたできごとでした。



スポンサーサイト



| 病院・病気 | 14:10 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |