2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

映画『バルトの楽園』

これは去年の夏に公開されてた時、いろんな人のレビューを読んで結構気になってた作品でした。

第一次世界大戦の時代のお話で、舞台は徳島県。
中国青島での戦闘で敗北したドイツ人は捕虜となり、日本へやってきました。
これは、収容所の一つである徳島県坂東でのお話です。

ただ単に私の勉強不足だとは思いますが、これが実話だということをこの映画を観るまで私は知りませんでした。
戦争って悲惨な話ばかりが伝えられていますが、こんなにも心あたたまる話があったのかと目からウロコの思いでした。

坂東の収容所の所長さんの考え方は脱帽モノです。
それから、ラストの「第九」の演奏は大変素晴らしいものでした。
これを映画館の音響の中で聴けたなら、どんなにか感動も倍増されたただろうなと思いました。

こういった映画は若い人たちにこそ見てもらいたいなと思います。
私も、これを機会に「会津戦争」についての本などを読んでみるのもいいなと思っています。






| 映画・DVD | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画『花田少年史ー幽霊と秘密のトンネルー』

映画と言えば父の趣味に合わせてのアクション映画だったり、娘たちと恋愛映画を観たりが殆どで、こうゆう種類の映画って今まであまり観た事がなかったのでとても新鮮でした。
映画館で何度か予告を観ていたので、DVDを見つて早速レンタルしました。

何と言っても見所は、須賀健太くんだろうなぁと勝手に想像していたのですが、いい意味で期待を裏切られました。

勿論、健太くんは相変わらず子役とは思えない素晴らしい演技力でしたが、脇を固める篠原涼子さんも西村雅彦も最高でした!
個人的にはもたまさこさんが好きかもです。

涙も笑いも友情も詰まってて、それからちょっぴりホラーぽくもあってとにかく映画の至るところに愛情いっぱいの欲張りな映画でした。
一路の成長がよく表現されていてとっても楽しめました。

それにしても、こういった映画を映画館で観る笑い声がつい出ちゃうので家で娘たちと話しながら観るので正解だったかなと思います。



| 映画・DVD | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小説『重力ピエロ』

伊坂幸太郎さんの小説は初めて読みました。

実はコレ娘2号のお勧めなんです。
娘1号は本などにはさっぱり興味を示さないのですが、娘2号はとっても本好きなのです。
勿論マンガも読むし私ほど活字中毒でもないのですが、本の好みも似ていて普段から読んだ本の感想とか話し合っています。

それで、このお話なのですが・・・
DNAとか遺伝子とか私にはさっぱり訳のわからない世界なんだけど、とっても楽しく読めました。
テーマがとても重いにもかかわらず、読み終わった後にこんなすっきりした気持ちでいられる事こそ、この小説の(伊坂幸太郎氏の)特徴なのかなと思いました。

本当に深刻な事は陽気に伝えるべき

本書はそんな言葉か何度か何度か出てきます。

ピエロは泣き顔のメイクで表情を変えずに軽快に動き回る。
その動きで観客の笑いを引き出す。

ピエロは空中ブランコを飛ぶ時、重力のことを忘れる
あんなに楽しそうなんだから落ちるわけがない。

その言葉は根拠のない理屈なんだけど落ちないような気がした。

人生ってそうゆうものなのかもしれないなぁって思ったのです。
苦しいこと、悲しいこといろんな事があるけれど、楽しく笑って生きていれば案外うまくいくのかもしれない。
難しいことを考えるのは悪い事だとは思わないけど、何かをしようとする時悪い事はなるべく考えないようにしよう。
そんなことを考えました。

因みに娘2号はpierrotと言う単語が大好きで、以前から携帯電話のアドレスに使っています。
ちょっぴり道化したいのかもしれません。







| | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サクラ開花宣言!

ウチの町もやっとサクラの開花宣言が出ました。

開いたばかりのサクラの花びらはとてもやわらかくてかれんでした。

サクラの花を見ると日本人でよかったなぁって思います。


P1000164(1).jpg

| 日常 | 16:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の海

父の趣味の魚釣りに久しぶりに同行しました。
娘たちが小さい頃は家族でよく出かけていたのですが、娘1号が中学生になった頃から同行が難しくなっていたので本当に久しぶりでした。

父は当たり前のように一人で出かけるつもりだったので、今回私と娘2号が一緒に行くと言い出したもんだからかなり驚いていました。
あまりの喜びようだったので“だって写真が撮りたいんだもん…”とは言えませませんでした(笑)

それでも、しっかり写真は撮って来たのでアップします。
肝心の釣果の方は…○△□※%$とういうことで。。。


父一押しの海の蒼さです。

P1000225(2).jpg


娘2号はちょっとしたミュージシャンのつもり(?)

P1000233(1).jpg


でも、誰もいない海で歌うのって気持ちいい~!!


この後、小さい子みたいに裸足で海に入って「冷たい、冷たい」と大騒ぎだったことはナイショです(笑)

P1000383(1).jpg

| おでかけ | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

菜の花畑

P1000017(1).jpg


P1000019(1).jpg


菜の花ってめっちゃ 『春』 って感じがします。





| 日常 | 15:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画『アルゼンチンババア』

Yahoo!動画のオンライン試写会でアルゼンチンババアを観ました。

抽選で3万人っていうし、こゆうの当たった試しがないので『おめでとうございます』って文字を見てもあまりピンときませんでした。
でもレビュー見たら、みなさん結構あたるよ~って書いてらしたのでそんなに高い倍率ではないのかもです。。

で感想ですが、よしもとばななさんの原作も好きだし、鈴木京香さんがどんなふうにアルゼンチンババアを演じるか楽しみだったんだけど、なんだか原作の「ほんわか」した感じがあまりなくてっちょっと期待外れでした。
鈴木京香さん、どうしても今は「華麗なる一族」の相子さんに見えてしまうですよね~

でもその他は、ゆりさんのお住まいもイメージ通りだったし、堀北真希ちゃんのみつこ役もよかったです。
何より、役所広司さんのお父さんははまり役でした!


人は何故愛し合うか知ってる・・?

この時間が永遠に続いて欲しいと願うから。。





| 映画・DVD | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春~

今日は彼岸の入り。
朝から家族でお墓参りに行きました。

お寺に咲いてた満開の梅です。
すごくいい香りがしていました。

P1000036(1)s.jpg


P1000035(1)s.jpg


母「八重の梅だね」

娘2号が言いました。


「八重桜…?」


梅だって言ってるだろー!(母、心の声)

娘2号は「八重」と名のつくものは桜しかないのだと思っていたようです。
チューリップにもあるんだよと言うとかなり驚いてきました。
私は何を教えてきたのでしょう…



| 日常 | 15:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カラオケ

午後から娘2号とカラオケに行きました。
カラオケなんてすっごい久しぶり。
まして、娘2号と二人だけなんで初めてじゃなかろうか・・・

我が家の人たちは私以外みんな歌がうまい。
娘たちが小さい頃は家族でカラオケもレクレーションの一つだったけど、最近は専ら個々で楽むという感じでした。

それが今回は二人。。。
それはもう長い間娘2号の歌を聞いていない母の寂しさを察知してくれた娘2号の思いやりなのか、娘2号が母をダシにしたのか…
う~ん・・・考えるのはやめよう。。

だって!
我娘とは思えない上手さなのよ。
(親バカ半分、客観的感想半分ってことで)

私はずっとテレビの前で本人映像を楽しみつつ娘の歌声を聞いていたんだけど、映像を見てると本人が歌ってるような気がしてくるから不思議。

娘曰く、
カラオケは上手く歌うのは当然のことで、あとはいかに声と歌い方を真似るかがポイント
だそうです。。

なるほど・・だからそんなに曲によって声色が変わるのかぁ。
キミはすごいよ。

私がそう言うと
「あたしなんかよりもっと上手い人はいっぱいいる。」
とてんで相手にしてくれません。
そんなもんなのかぁ。。はふ…親バカ丸出しでした~

今日のドリンク♪
いちごシェーク

P1000025(1)s.jpg

| おでかけ | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホワイトデー

~TS360117.jpg

父からの我が家の3人娘へのホワイトデーです。

地元じゃちょっと有名なケーキ屋さんのチーズケーキです




| 日常 | 18:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

映画『バッテリー』

観ました
あさのあつこさん原作の同名の小説の映画化です。

私は原作の小説の大ファンで、児童書なんて枠に収めておくにはもったいない、もっと大人も読むべきだとずっと思っていました。
今回映画化されたことにより多くの人がこのお話を知ってくれたらなぁと思っています。

日常生活の中で、私達はいつも主観で物事を考え感じています。
相手の立場に立って、というのは本当に難しいものです。
このお話の登場人物もみんな同じです。
それぞれ思っていることは誰も間違ってないのに、何故か感情がぶつかり合ってしまうのです。
それは友人関係だっり、親子関係だったり、先輩後輩関係だっり。
それを「野球」がうまい具合に潤滑油になっている…そんなお話だと思います。


映画に関して言えば、巧も豪ちゃんも本当に素晴らしかったです。
プラーベートでも7年間の野球経験を持っているそうですが、野球のシーンも上手く表現されてたように思います。
豪ちゃんの笑顔は女房役にはぴったりでした。

ただ少し残念だったのは、映画にありがちなヒロインの設定ですね。
小町先生にしても存在の意味があまり感じらませんでした。
あと、個人的に菅原文太さんが最高にステキでした(笑)


ウチに男の子がいたら絶対に野球をやらせるのになぁ。。


| 映画・DVD | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あわやの大惨事

娘1号は大学3年、娘2号は高校1年、父は釣りが趣味とくれば、休日だからと言っても家族が揃う事はほとんどありません。
それが珍しく今日は家族でお出かけでした。

そこで起きた『あわやの大惨事』!!

話は2ケ月前にさかのぼり…
1月、我が家の愛車『オデッセイ』が何度目かの車検を受けました。
車検から帰ってきた時、父は「ベルトが滑るような音がする・・」言いました。
1週間ほどして、母は車検をしてもらった所へ車を持って行きました。
がしかし、工場ではボンネットを開けてはみたものの「特におかしいところはないですね」で話はすんでしまいました。

異常ないならどうしようもない・・
母は父に報告し、父は合点がいかない様子ながら忙しさにかまけてそのままになってしまいました・・思えばそれが全ての根源でした。


運転しながら父が言います。
「なんかベルトの音がだんだん大きくなってる…」
と。。。

もともと父ほど異音を気にしていなかった母は、その時でさえまだ深刻な事態だとは思っていませんでした。
それでも何度もおかしいと言う父。明らかに焦っているのです。
母もよくよく耳を澄ますとなんとなくわかるような気がしてきました。
娘たちも同じです。

やや緊張感が増してきた車内。
20分も走ればデーラーの営業所がある!よし、そこへ行こう!

しかし、その20分が長かった!

カラカラ…
異音が続いています。

10分経ちました。
渋滞でなかなか思うように進みません。

カラカラカラ…
どんどん音が大きくなっているのが私にもわかりました。

あと500メートルも走れば営業所です。
あ~なんとか間に合った~ と思ったその時です。

バーン!!

ガラガラガラガラガラ…

大きな音がしたと思ったら車は30キロほどのスピードにダウンしていました。

………。
………。
………。

さらに無口になる車内。。。

そして、なんとか営業所に着いた途端父は一人運転席から飛び出してしまいました!

取り残される私達…
まさか自分だけ助かろうとしてたの!?


後で整備士のお兄さんにお願いしてボンネットの中を見せてもらったのですが、ベルトが切れていろんなところに食い込んでいて散々な状態になっていました。
それと何かのオイルが弾け飛んでベトベトになっていました。

修理費もかなりかかるような事を言われました。
車検後、日が浅い内の出来事でもあるし、一度見て欲しいと持って行ったにも関わらず相手にしてもらえなかったということもあるし、この怒りの矛先をどこに向けてよいのやら・・・

以上、久しぶりに家族でお出かけした日のできごとでした。




| 日常 | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝からドタバタ

今日から4週間、娘1号の病院実習が始まりました。

行き先の病院が決まってからというもの

服は何を着て行ったらいいのだろうか・・・?
髪の毛はどうまとめるのがいいのだろうか・・・?
化粧はどれくらいするべきなのか・・・?
カバンは?お弁当は?
自転車で行ってもいいのか?

…全てのことが不安であるらしく、独り言なんだろうけどぶつぶつ言う日が続いていました。

それでも先生方のご指導や、先に実習に行っている友達の話を参考になんとか今日の日が迎えられました。

そして今朝
落ち着いて出かけていくのかと思いきや…

「名札作るの忘れてたぁ~!!!」

と朝から大騒ぎ。

極めつけは

「勉強するのも忘れてた・・・」

だそうです。


「………。」
母絶句。



我娘ながら何でこんなに情けないのかとがっくりです。
しかしながら、こんな学生を受け入れてくださる実習先の方に心から感謝です。
びしびし鍛えてやってください。




| 日常 | 15:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

娘2号の同窓会

今日は娘2号は中学の同窓会でした。

卒業して1年。
まだみんなそんなに変わってはいないだろうけど、娘2号は地元の高校へ進んだわけではないので、本当に1年ぶりに会うお友達もいるのでそれは楽しみしていたようです。

昨日はお友達から
「明日は楽しみだね~♪」
なんてメールがたくさんくるから遠足の前の日みたいにワクワクして眠れない~なんて言ってましたから(笑)

開始時刻は7時。場所は焼肉屋さん。
30人のクラスで参加人数は23人。勿論、担任の先生も参加!
お開きになったのは10時半。。。
先生も渋々の解散宣言だったとか…

進学校へ進み毎日勉強に追われているTくん
甲子園目指して野球一筋のYくん
高校生になってから身長が15センチも伸びたというRくん
見かけはお化粧と服が一段と派手になっているのに、中身は全然変わっていないMちゃん
相変わらず先生が好きで腕を掴んで離さなかったというAちゃん

みんな全然変わってないんだよ~
3Bの教室にいるみたいだった~


楽しかった今日の様子を話す娘を見ていて、改めて仲のいいクラスだったなぁ~と思いました。

1年前、お別れ会を親子でした時も、涙と笑いとで盛り上がりいつまでも名残惜しかったことを思い出しました。
お母様方も楽しい方が多く私も随分と楽しませてもらったクラスでした。

願わくば、子供達がこのままずっと仲良しでお互いにいい刺激を受けつつ成長できたらいいなと思います。


残念だったこと。
YUIのライブチケット取れなかった…



| 日常 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嬉しい訪問者

夜、娘1号の友達が突然やってきました。
彼女は、娘1号と小学校から高校までずっと同じ学校へ通った仲で、一番分かり合える友達なのではないかと思います。

今は県外の国立大学へ通っているのですが、就活でこっちの企業説明会に行ったから寄ってみたと言うのです。
この子、こんなふうに実家に帰る度に我が家へ寄って顔を見せてくれるので本当に嬉しいです。
(しかも手土産つき!なんと気がきくのでしょう)

ですが、突然の訪問の為、あいにく娘1号はバイトで留守でした。
それでも、彼女は私に楽しそうに近況を話してくれました。
娘1号はほとんど就職先が決まっているので就活はやっていないので、私にとっても新鮮な話ばかりで楽しいひとときでした。
よその娘さんでも、頑張っている姿を見るのは嬉しいものです。
いいお友達がいて娘1号は幸せだなぁとつくづく思うのでした。

| 日常 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |