| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

極めるまでには、まだ道は長い

最近、あちらこちらで目にすることの多い『断捨離』という言葉。
確か昨年の流行語大賞にもノミネートされ、本屋さんでもその手のものがずら~り。
となれば、なんとなく手にとってみなきゃいけないようなような気がするわけで。。

P1200549_20110609082244.jpg

そして、読み始めてすぐ

タンスとタンスの谷間に布団を敷き、モノを押しのけ
わずかにできた食卓スペースに茶碗を置く毎日の暮らし。


そんなストレートな比喩に(比喩じゃないか。汗)に思いっきり苦笑い。
すっかり断捨離の世界に引き込まれてしまった母。
元より単純な脳細胞しか持ち合わせていないため、思い立ったら止まることができず
早速片付け開始

P1200523.jpg

モノが暮らしの必要・適量を超えてしまうと、住まいの「ゴミ化」が始まる。

なるほど。。。と思わされる一節でした。
「いつかまた・・」より、「今」使える空間を生かすことの方が大事!
ってことで、本棚に納めきれず溢れかえっているものたちを一大決心して
文庫・ハードカーバー合わせて70冊少々を処分することに

それから、我が家的にもう一箇所溢れかえっているところ。。。

P1200571.jpg

最初は100均のカゴ(しかも小さいの)だったはずなのに、気づけは
いつの間にかプラケース一個分・・より、はみ出してますがなヾ(・・;)ォィォィ
好みが変わったり、買ったけどサイズが合わなかったものもあったりで
着る服はたいてい決まってるのに、いつまでも片付かなくて

無意識、無自覚のうちに放置され続けているものに宿る腐敗・停滞の気

なんて怖~い一文が浮かんで・・ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
これじゃいかんいかん・・と思ってはみたものの

P1200559.jpg

どれもやっぱり手放すことができなくて、結局ひっくり返してみただけ
まだまだ未熟な母です(´・_・`)

そうそう、古本屋さんへ持ち込んだ本は2300円あまりになりました

P1200546.jpg

ラッキーとばかりに、査定してもらってる間に物色していた本たちに変身。。
あぁ、ここでもまだまだ修行が足りない母
でもでも!
残った分は、ちゃんとレジ横の東北地震の義援金BOXへ入れてきましたよ~('◇';ゞ




スポンサーサイト

| | 13:56 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「お嬢様の目は節穴でございますか?」

久しぶりに本のお話です
このところ、歴史小説を読むことが多かったのですが(『龍馬伝』の影響。笑)
先日とっても面白いミステリーと出会いました。

IMG_7238.jpg

と言っても、基本的に推理小説は苦手な母
だって、聞いたこともないような難しい理屈がトリックだったり
解決編で出てくる事実は、どう考えても後付でしかないような気がしたり
結局“そんなことわかるわけないよー!”ってなってしまうんです(´・_・`)

IMG_7115.jpg

だから。
いつもミステリー読むときは、事件が起きたら先ず解決編を読んで
犯人がわかったところで、最初からゆっくり読み進めるスタイル。
って、変ですか・・??あれ?あれれ??( ̄ー ̄?).....??アレ??
(娘2号にはいつも批判されております)

ところが今回読んだものは、短編集だったこともあるけれど
謎解きも比較的簡単で、その上登場人物の会話がとにかく面白いの
ラストから読もうなんて気には全然なりませんでした~笑

IMG_7165_20110225142711.jpg

事件の局面にいる女性刑事は、実はすっごいお金持ちのお嬢さまで
ちゃんと仕事してる(つもり)だけど、いつも行き詰まってる。
そこで活躍するのが、居丈高な執事。

IMG_7170_20110225142728.jpg

使用人らしい低姿勢でいながらも、鋭い毒舌が
爽快で愉快でカッコイイのですヾ(^ω^*)
少し沈みがちだった心がふっと軽くなる、そんな作品でした。

ウチのお嬢さまもどこかぼんやりしたところがありますが
そこが可愛らしさの一つでもあったりします
本日は母の読書レビューと、ドンクサイありすの2本立てでお送りしました
読みづらかったらスミマセン。


東川篤哉著『謎解きはディナーのあとで』

IMG_6887.jpg

湯川先生と対決させてみたいキャラかも(*^艸^)


| | 17:12 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ある日犬の国から手紙が来て

すごくステキな本と出逢ったので紹介させてください。

IMG_8133_1.jpg

「ある日犬の国から手紙が来て」

オビの部分にはこんなふうに書いてあります。

ごめんね ありがとう いつまでも大好き
ボクの弟か妹を飼うことをゆるします。


最近特に涙もろくなった母は、これだけでじわ~んです
読み進めるのが怖いような、早く全部読んでしまいたいような複雑な気分で。
そして、初めの数ページめくっただけでやはりボロボロ泣いてました(´_`。)

P1040397a.jpg

一見子供向けの絵本のようにも見えますが、大人が読んでも心にずしんと響く内容だと思います。
「虹の橋」を渡った犬たちは「犬の国」で暮らしています。
そこでは人間のように洋服を着て二本足で歩き、サッカーをしたり本を読んだり仕事をしたりして暮らしています。
それはイラストのみでしか描かれていないんだけど、それがよりじわ~と沁みて。。
だって本当にしあわせそうなんですもん。。。

IMG_8158a_20100209162840.jpg

お話には、実在した犬と飼い主さんたちのエピソードが6つの短編で綴られています。
出会いや楽しかった思い出や、あと後悔したことなんかも。

IMG_8248a.jpg

それぞれのラストでは、犬たちが飼い主さんに宛てて手紙を書きます。
それがもう涙なしでは読めないっていうか・・(>_<;)
それって人間サイドの勝手な願いだってわかっていても、やっぱ涙がでちゃうんです。。。

IMG_8257a.jpg

今はまだ愛犬を亡くすという経験を持たない私なので、そのときどうなるのか想像もできません。
もしかしたら、ペットロスに陥って立ち直れないかもしれない。。
その時のことを考えると今からもう泣いてしまってるし。苦笑

P1040485a.jpg

ずーっとこうゆう顔見ていたいなぁ。。。
涙がいっぱい出るんだけど、たくさんの人に読んでもらいたいなって思った一冊でした。





| | 23:15 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こんな感じでスタートです。

お正月休みが終わりました。
今年のお正月は初詣に出かけることもなく、比較的のんびりと過ごしていたこあら家です。
因みに、我が家のお雑煮はこんな感じ

IMG_7710a_1.jpg

昆布とブリでダシをとった醤油ベースの汁に、具は人参、大根、ゴボー、里芋、ユリネ、ネギ、ほうれん草などなど。
お餅は丸餅で、最後にかまぼこを乗せます。
具沢山なので、お餅は二つ食べればお腹いっぱい(o ̄∇ ̄o)

なのに、お昼にはまたお腹が空いて。

IMG_7720a_1.jpg

いくら丼などいただきました(o^-^o)

父は、お屠蘇と称して朝酒でいい気分
ありすは暖かい部屋でまったりZ

P1020250a.jpg

まぁ、こうゆう過ごし方もある意味贅沢ですよね。
でもって、駅伝見ながら母は。

IMG_7735a.jpg

マンガ『キャプテン翼』など読んでました
聞くところによると、連載開始から30周年を迎え、今春新たなシリーズが始まるのだとか
その宣伝のせいか、あちこちのメディアで目にする機会も多く、じゃ読んでみるか~となったわけなのです。

IMG_7738a.jpg

しかしながら、全37巻
すごくすごく面白いんだけど、普段マンガはほとんど読まないので1冊読むのに30分以上かかる母
三杉くんと松山くんの違いもよくわからなくて、読み返したりしてます
その上加齢によるドライアイのため目も痛かったりで、いったいいつになったら読み終わることやら・・・( ´△`)

P1020222a.jpg

退屈になったら邪魔しに来る子もいるしねーヽ( ̄▽ ̄)ノ 

それにしてもスポ根モノって昔からずっと変わらず人気がありますね。
古いところだと、『タイガーマスク』『あしたのジョー』あたり?(あ、歳がバレる;;)
幼稚園の頃、弟のお弁当箱が「あしたのジョー」だったことが羨ましかったものです。
あと、『巨人の星』とか『スラムダンク』とか。
有り得なさそうで、でももしかしたら有り得るかもしれないって思わせるところがいいのかな。

でも、やっぱりどちらかと言えば小説の方が好きな母ですが。
「1年間に100冊!」をいつも目標に掲げるんだけど、毎年達成できなくて。
今年こそは頑張りたいなと思っています
ところで、キャプつばもカウントしてもいいかしら?笑



| | 23:29 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏読書

久しぶりに本のお話です。
毎年夏になると、書店では夏の文庫フェアが始まります。
何で「読書の秋」じゃなくて夏なん??と疑問に思ったこともありますが、暑い時はなるべくなら動きたくないですもん、読書にはもってこいってことなんでしょうね
あとは、やっぱり読書感想文絡みかなぁって。

そんなこんなで、娘2号がブックレットもらってきてくれました。

P1170780(1).jpg

各社のオススメ100冊が紹介されています。
読書傾向にかなり偏りがあるので(笑)新地開拓できれば、と利用させてもらっています。

そんな中からのチョイスは、集英社文庫の伊坂幸太郎著『終末のフール』。

P1170742(1).jpg
ありすはきょうみありません。

「世界が終わるその前に 今日、あなたは何をしますか?」
そんな帯の言葉に惹かれて買いました。
って本当は著者の作品が好きだから、という単純な理由なんだけど。
↑結局自分の好みの物を選んでる(>▽<;;)

webページから、こんな可愛いブックカバーも印刷しました蜂

P1170739(1).jpg
3さつ?

実は1冊買うとおまけでストラップがもらえます。
特別ストラップに不自由してるわけじゃないけど、集めるとペアになると聞けばつい乗りたくなります(^ー^;)

P1170903a(1).jpg

じゃーん!ワンペア完成
可愛い~(≧▽≦)

P1170800a(1).jpg
としがいがない。

娘2号も読みたい物がたくさんあるみたいなので、もうワンペアくらいはできるといいなと思っています(*^艸^)
まぁ年甲斐がないといえば、ナツイチのキャラの岡田くん最近母の中で急上昇中なんですよねっ









| | 23:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。